NO STAR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
05.07.16 神岡鉱山 スーパーカミオカンデ
もう3ヶ月前の話。記憶が薄い。
2005年7月16日、スーパーカミオカンデという研究施設を見学するため、こまっつんと岐阜の神岡鉱山へ。ここはイタイイタイ病という暗い過去を持つ場所でもある。


こまっつんのカーで下道をとおってやっとこさ駅に到着。ホントなんにもねぇ。




神岡鉱山行きの電車が来ましたよ。
このツアーは女性参加者もいます。怖い集団ではありませんよ。




車内。「昔ながら」な演出。




駅に到着も、すぐバスに乗り換え。




鉱山入り口。気温差のため視界が白む。



鉱山というか、人口の洞窟? 真っ暗です。



ある程度バスで進んだら降りて、今度は徒歩で潜ります。




こいつ、後でお目見えします。



鉱山の歴史って感じの映像を見せられます。




当時の削掘法を実演?してくれます。もちろん見た目だけですが。



突然我々が来た方向から轟音が!さっきちらっと見た重機があらわれました。穴の中なので音がすごい。




他の重機も見れます。



タイヤでけっ。



とりあえず重機と記念撮影。



ついでにおっさんとも記念撮影。




そしてどんどん潜っていきます。方向感覚が麻痺してるのでまさに潜ってる感じ。



すると、ホワイトボードに出欠表。



名称がSFだなー。暗黒物質ってどんな部署だよ。すげー。



ん?



これはいったいどういう意味かのう。



さらーに進むと、



スーパーカミオカンデ(スーパーK)の入り口へ。
これは昔使われてたドアに、スーパーKに携わった人々がサインしていったもの。故小渕さんとか毛利さんとか。



そして突然ニュートリノに関する紙芝居を見せられます。できは酷いです。



そして念願のスーパーKへ。といってもホントの意味での中には入れません。これからいくのは上蓋の部分「天井旋回クレーン」と記されているところ。




意外とゾンザイにモノが置かれています。




ニュートリノ検知がモニターされています。



天井はこんな感じ。



といっても見るところは少ないんでもう外に出ます。
そこかしこに呪文のような言葉が。。。



これは知ってるぞ!DICカラーですね。しかしなぜDICカラーがここに必要なのだ?



このクラゲみたいのがニュートリノを捕まえる。ひとつウン十万で5000個くらいスーパーKの中に入ってる(はず)。最終的には13000個になる(はず)。



もはやなんの機材なのか予想もつかず。



はい、次はカムランドですよ。




ここではカムランドについて説明を受ける。スーパーはノーベル賞とったから、東大が研究してるってのは有名だけど、こっちは東北大。対抗心むき出し。



しかしやはり中には入れてもらえず。この先に〜。



そしてなぜか最後にテルミンの演奏を聴かされます。



鉱山のなかでうどん食ってやりました。



外へ。気温差のためデジカメのレンズが曇る。

俺らがふわふわと日常を生きている間に、日夜あのくらい穴の中で宇宙を研究している人々がいる。俺から見たら非日常もはなはだしい、全く日光の届かないあの穴倉が、ある人にとっては取るに足らない日常なんだって思うと、なんか想像するだけでわくわくするね。

posted by nostar | Wandering | comments(0)
パナソニックセンター東京
先日、有明にあるパナソニックセンター東京に行って来た。特にパナソニックというメーカーに思い入れはないが、こういうプレゼンテーション・ショールームって結構好きだったりするので。未来を感じれたらいいなと。

Panasonic Center
大崎からりんかい線に乗り換え。

Panasonic Center
国際展示場駅に到着。

Panasonic Center
ウォーターフロント(死語)の風景。

Panasonic Center
パナソニックセンターに着きました。駅からすぐ。
意外とでかい建物でびっくり。

Panasonic Center
お金使ってる感がいいかんじ。

Panasonic Center
いざ!
なかなか未来な空気を出してるが、なんかちょっとやぼったいなー。

Panasonic Center
これいいね。すりガラスにタイポって結構ツボだなー。

Panasonic Center
これ、未来のモニターの提案をするショールーム。
壁一面がモニターになっていてしかもセンサー付き。テーブルにもモニターが埋め込まれてて、そこに家族のスケジュールとかメーラーとか、生活をサポートするアプリが水・くらげ・魚というメタファーを使ったインターフェースになっておる。「マイノリティ・リポート」のような、身体をデバイスにしたナビゲーションが展示されている部屋ですね。ただ、身体をデバイスにするのは、エンターテイメントものはいいけど、日々のルーチンにはちょっとむかないなぁ。かっこいいけど。

Panasonic Center
やっぱりなーんかやぼったい。

この後、係員に「撮影はやめて下さい」ととめられ(張り紙に気づかなかった。。。)撮影終了。

このセンターの2階に「ユニバーサルデザイン」の展示をしているブースもあり、なかなか有意義。
特に、ブザーの音の長さと意図の関係を説明したものと、色盲に対するアクセシビリティ配慮としてのカラーリングを説明したものは見といてよかった。

将来、こういう施設、美術館とか博物館のピクトグラム、ナビゲーションを設計できたらいーなっと。
posted by nostar | Wandering | comments(2)
千葉市動物公園(2)
レッサーパンダは見飽きたので園内をうろつく。

zoo
ラマ。ずーっと柵の外見てます。

zoo
ミーアキャット発見!

zoo
直立!サービス精神満点ですね。でもミーアが立っても新鮮味ないからなー。立って当然というか、それが仕事みたいなところもあるし。

zoo
右見て、

zoo
左見て。安全確認終了。

zoo
シマウマ。こちらも柵の向こうばかり見てます。こちらには常にドケツを向けて。柵の向こうに何が?

zoo
鹿。馬と鹿。

zoo
フラミンゴ。相当低いところにネットがしいてあって飛べたもんじゃありません。ずっと水の中を掘っている(?)やつとかいます。ノイローゼか?園内の動物はだいたいセカセカ動き回ってるか動かないか。

zoo
獏。なんでこんなツートーンなんだろ。

zoo
脈略のない会話のような佇まいのペンギン。

zoo
アシカ。日向ぼっこばかりして乾いたスポンジみたいになってます。

zoo
ずーっと水の中にいるやつ。

zoo
お、餌の時間。親鳥に食べ物をせがむ雛鳥たちみたいになってる。すっかり野生を忘れちまって。

zoo
ナイスキャッチ。

zoo
きれいな色だなー、原色使いが。平穏な日々。

zoo
と思ってたら喧嘩勃発。
「ゴラっワレわしにメンチ切っとったやろが!青くて悪かったな!あ〜ん!」
「メ、メンチなんて切ってませんよぉ...。ちょ、ごめんなさい...。」

zoo
公園にある亀型の遊具とあまりかわりません。

zoo
カピバラ。ずーっとドアの前にすわって微動だにしません。

zoo
後ろ姿。洋ナシ体型だね。哀愁感じるわー。

zoo
きまぐれにうごきだした。でかいモルモット?

zoo
テナガザル。

zoo
子ザル

zoo
なんか、修学旅行先の旅館とかで売ってそうだな。

zoo
手作り感あふれる、というか手作りのポスター。

いやー動物たちのノイローゼぶりに返って凹んでしまった。
EchoesのZooだな。あれ、どんな歌だったっけ?
posted by nostar | Wandering | comments(2)
千葉市動物公園(1)
先週、直立レッサーパンダのニュースを受け、こうしちゃおれんと千葉市動物公園へと行って参りました。

千葉市動物公園
※↑ちなみに俺はフラッシュもたいてないし、奇声もあげてないですよ!念のため。

まずは鉄っちゃんよろしく道々の写真から。

zoo
千葉駅到着

zoo
赤字経営の千葉市モノレールに。

zoo
動物公園駅到着。

zoo
はいこれモノレール。誰もいねー。

zoo
動物公園の門。ゴリラがリーダーでしょうか。

zoo
入園するとオマルがお迎え。

zoo
ホーント誰もいません。平日だからね。レッサーパンダに辿り着けるか心配になる。

zoo
zoo
あ、すぐわかった。見えねーよ。

zoo
気合入りすぎな方。まあ俺もわざわざ千葉くんだりまでやってきてるんだから同類か。

zoo
カメラを持ち上げて、っと。やっと見えた。立ち上がる気配皆無。

zoo
もう一匹汚いのがいる。風太はきれいな方だろう(未確認)。

zoo
うーろうろ、ぐーるぐる。こんなに人に見られていたら落ち着かないよなー。

zoo
つうか、シャッターチャンスがない。少しはサービスしてくれ!立ち上がれ!

zoo
ぐーるぐる。今日は気が乗らないんですね。

zoo
5分で見飽きたので他の動物を見ることにした。

続く...
posted by nostar | Wandering | comments(0)
ANA飛行機整備場見学(2)
今回の見学で見たものの中から、飛行機以外でぐっと来たものをまとめてみた。

ANA
整備場の天井。実用性をつきつめた結果、幾重にも重なる複雑なマトリクスが広がっている。

ANA
倉庫の窓側?これががーっと開いて飛行機を迎え入れる。

ANA
ANA
ANA
ANA
地面に描かれたラインや文字、サイン、電源。

ANA
こういうフォントとかね。現場っぽいわー。

ANA
整備場では三輪チャリが基本。構内が広すぎるので。

ANA
ギターアンプみたい。

あまり日本語がなく、いちいち英語だからかっこいいのかな。そういうものひとつひとつが非現実的な空間を演出している。
posted by nostar | Wandering | comments(0)
ANA飛行機整備場見学(1)
5/12、ANAの飛行機整備場に見学に行った。なにしろジェット機を間近に見れるので、オタクといわれようとなんだろうと見たい!ということで15:00からのコースに参加。

ANA
東京モノレールで「新整備場」駅到着。特殊な町なので駅もこざっぱり。

ANA
JALの飛行機がこんなに近くで動いてます。
しかしこの町は人がいねぇ。JALとANAの社員しかいないからね。

ANA
この下を環八が通っている。

ANA
この倉庫いい味だしてるなー。

ANA
というわけでANA整備場に到着。
到着まで、ひょっとしたら今日の見学者は俺一人なのでは?と不安だったのだが、ざっと40人くらいいた。見学前に飛行機の話をちょっと聞くのだがそこは割愛。

ANA
整備場へ。いきなり目に飛び込むジェット機。今日はボーイング747、767、777が見れるという。747が見れてラッキー。

ANA
このレイヤーっぷり!か、かっこいい。

ANA
ANA
ANA
飛行機のAsshole。

ANA
整備時しか開かないドア。

ANA
横顔。

ANA
ANA
ANA
ANA
ANA
こういうディテールがやばい。
小学生の時作ってたプラモデルの「デカール」を思い出す。

ANA
真後ろ・真下から。

ANA
ジェットエンジン。

ANA
まあ、観光地ではありませんがお決まりのこういうのも置いてありました。

ANA
外をでると、空がちょっと曇りがかっていました。飛行機は今日も空を飛んでいる。

続く...
posted by nostar | Wandering | comments(0)
小淵沢周辺へ(4)
アフガンを後にして、一路「野辺山国立天文台」へ向かう。パラボラアンテナ天国というか、大小さまざまなパラボラアンテナがキノコのごとく群生している場所。

向かう途中、目の前の車がごみをポイ捨て。むかついたので証拠写真を撮る。

小淵沢
小淵沢
練馬か。いい車乗ってるのに(って車のことは良く知らないけど)、
ホントむかつく。
所得とモラルの高さが比例しない現実。


小淵沢
はい、到着しました。以前来た時に比べ人が多い。やはりGW効果。

小淵沢
参道のようになっている道の先に大ボスが待ち構えている。

小淵沢
中ボスたち。

小淵沢
基地だよな。

小淵沢
んーでかい!実際肉眼でみると、そのでかさは脅威的。周りの景色との異物感がすごいよー!

小淵沢
小淵沢
小淵沢
構造の美。

小淵沢
真裏。


小淵沢
その大ボスアンテナの裏の観測所は一部一般人も入る事ができます。

小淵沢
小淵沢
全く役割を想像できない計器・機械がガラス越しに見える。
一般人向けにビデオ放映とマルチメディアものがあるが、別に研究そのものには興味がないのでスルー。
観測に参加できるイベントがあるらしく、ちょっと心躍ったが良く見ると理系の大学生しか参加できないらしく(しかも12名)、あきらめ退室。

小淵沢
外を見ると、向こう側にも点々と数え切れない小さなアンテナ群が!

小淵沢
コピペの世界だ。この配置も数学的に編み出された位置関係なんだろうな。

小淵沢
鴨の親子のよう。

小淵沢
こんな山奥の観測所敷地内に猫発見!何かを狙っていました。ずっと。

しかし山はいいよにゃー。

こまっつんサンキュー。今度は東京に遊びにおいで。
posted by nostar | Wandering | comments(1)
小淵沢周辺へ(3)
夢宇谷を出て、昼飯のため、超人気カレー屋「アフガン」へ向かった。なぜかすごい人気で、一度食っておかねばと思っていた。

小淵沢
森に囲まれている。

小淵沢
11:15分くらいにアフガン到着。余裕だと思っていたら...

小淵沢
既に列ができていた。11:30開店なのに、GW効果恐るべし。
しかしそれにしても名前を記帳して待つというスタイルを取っているにもかかわらず、それを知らせるものが入り口になく、ただ闇雲に待っている人もいたという事実を店の人は知っているのだろうか。何かアテンションが門のどこかにあれば済むだけの問題なのに。それと、さんざん待って「売り切れ」になるっていうのも、いかがかと。ちょっとつけ上がってるんではないかと思うぞ。

小淵沢
待ち時間。垣根の向こうに退屈丸出しの犬発見。

小淵沢
こっち向いた。

小淵沢
やっと入れた。12:40くらい。中はこんな感じ。
ひとまず、うまいと評判の「ベーコン&目玉焼きカレー」とラッシをオーダー。

小淵沢
小淵沢
シマウマの開きが天井に。

小淵沢
鹿の頭。その後ろに熊の開き。

小淵沢
きた!ベーコン&目玉焼きカレー。
ベーコンちうか、ハム?ベーコンステーキなのかな。分厚い&でかい。カレー自体の味はまあ、梅丘キッチン南海の味に似ている気がする。俺はグルメじゃないので、あまり的確な表現ではないかも。
でも並ぶんほどのものではピーッ。

続く...
posted by nostar | Wandering | comments(0)
小淵沢周辺へ(2)
明けて2日目。

小淵沢
突き抜けた空の青。

小淵沢
小淵沢
野には花。


早めに起きて午前中は「夢宇谷」と呼ばれるところへ行くことに。まあ、陶器のお店なんだけど、アジアな雰囲気がかなり良かった。しかし商品は一つ一つ手作りのためか桁が一つ多く、また男2人でいくところではない。建物というか、環境のつくりがかなり凝ってる。和でまとめてるわけではないけど、オリエンタルな空間がある。それにしても陶器が高い。

小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
小淵沢
この作品、どっかで見たことあるんだよなー。
Stone Roses風。

小淵沢
小淵沢

続く...
posted by nostar | Wandering | comments(0)
小淵沢周辺へ(1)
5/3〜5/4と一泊して小淵沢周辺をうろついてみた。

小淵沢
到着

小淵沢
山梨在住、大学時代の友人こまっつんが迎えに来てくれた。きらきらしてます。

小淵沢
まず、清春白樺美術館へ。というかこの円形の建物が見たかっただけなんだけど。入り口のにいちゃんのチマチマ度にやられる。

小淵沢
これが美術館本館。受付が不意にかわいかった。はい。

小淵沢
その傍らにでっかい親指のモニュメント発見!そんなにつくりたかったか、でっかい親指を...。ということでこまっつんと記念写真。微妙に卑猥な絵になってしまいかわいそうなのでモザイク入り。

小淵沢
指紋もでかい。

小淵沢
小淵沢
天気がすばらしく良い。茶&ケーキでしばし和む。

小淵沢
何度も山梨行ってるのに、未だに山梨名物「ほうとう」を食してなかったので夕食は「小作」にてほうとうを食べることに。ホントは「熊肉ほうとう」を注文したかったけど品切れとのことで猪肉ほうとうをオーダー。

小淵沢
こんなマッチ箱何年ぶりに見たか。

小淵沢
出てきました猪肉ほうとう。肉が硬い。ほうとうって、おすいとんですね。もうちょっと「みそ!」って感じの味かと思ったらかなりあっさり味。おいしゅうございました。

小淵沢
その後アルコールをもとめてアイリッシュパブ「Bull & Bear」へ。かなりこだわりを感じるつくり。ここはこの辺では貴重な、営業時間23時までのお店。GWということもありかなり混んでた。常連多そう。ギネス2パイント摂取。

小淵沢
そんな自分

続く...
posted by nostar | Wandering | comments(0)
tumbling and tweeting

tumblr
日々の気になったことモノコトスクラップ

twitter
ひとこと

Recommend
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術-
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術- (JUGEMレビュー »)
アジャズ・アーメッド,ステファン・オランダー,レイ・イナモト(日本版特別寄稿)
Bookmarks
Entries
Categories
Archives
Comments
Others