NO STAR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
05.10.01-02 朝霧JAM

もう去年の話だが、UKから帰国した翌日、朝霧ジャムへ。



タープ張り中



まったり



下ごしらえ中



このコショウは俺がかけました



ファイアー、カモン



串、カモン



後続組と合流



仕事をしたフリの俺




ナイス木漏れ日



おー、人だらけだわ。



DJ YOKUが回し中



ピースな日差し



Hundred Birdsのみなさん。緑のミニスカフルートが最高でした。



オーディエンスが男だらけの男祭。ノブさん発見。



ヅラ富士



リューキューディスコ。若者の「オイ!オイ!」のノリ(何故テクノで?)についていけず、テントに戻る。



食って飲んで



なにしろUK旅行の翌日なので猛烈な睡魔に襲われさっさと寝た



当然翌日早朝に目が覚める。誰も起きていない。暇なのでプラプラする。



これはひょっとしてご来光が拝めるのでは?





徐々に雲の色が変っていく様は圧巻



あいかわらずヅラ富士。向こうでは既に日が昇っている。



反対側の山並みはもう既に日を浴びている。




じらす富士



キター
ナームー



戻るとやっぱり誰も起きてない。



そぞろ起き出す亡者たち。



というわけで行きますか。



リトルクリーチャーズ



ダンスホールレゲエな人たち。



あっという間に落ちる太陽。



テントもタープも撤収されてもた。



一番星発見。
日曜日に笑点を見てるときの、「あーもう日曜日も終わりか」という感覚に似ている。さらば現実逃避。楽しかった。

posted by nostar | Event | comments(5)
4Star+Frank151
5/15、前の会社の同僚molita(モリータ)に誘われリニューアルした渋谷hawkで開催される「4Star+Frank151レセプションパーティ」に行って来た。スパイク・ジョーンズとマーク・ゴンザレスがいるらしい。
hawkという店は知らんが、ただ酒が飲めるのならどこでも行くぜ!

hawk
ひとまず記念写真。モザイクなどかけません。無許可。ガチンコ勝負です。
みんなmolita繋がり。お初の方とは、三茶繋がりだったり同じ大学出身繋がりだったり。

hawk
いざ現場へ。うおっ人だらけ!

hawk
ひとまず受け付けをすます。んー、アパレル女子。

hawk
hawk
hawk
サーファーやスケーターのお店なんですね。俺も泳げたらなー。カナヅチなんで、無縁のスポーツです。というかスポーツに無縁です。

hawk
FRANK本の最新号がもらえた。小さな本だが結構贅沢な造り。ラッキー。

hawk
DJセットが組まれている。TechnicsのCDJがある。それもくれ!

hawk
これはいったい何に使われるアプリ?マイクにエフェクトかけたりするのかな。DJアプリかも。

hawk
FRANK本がきれいにディスプレイされてます。個人的には一番下の表紙が好き。

hawk
hawk
予想通り人が詰め込まれてます。ビール2本摂取。

hawk
hawk
飯を食おうということになって向かいの店へ。下ではなんとなく関係者らしき外人がスケート満喫中。

hawk
結局その店は並ばなくてはならないのでやめて、近場の飲み屋へ移動。

hawk
そして飲む!
結構初見の人ばっかりだったけど、やはり初めて会う人と飲むのは楽しい。もともと人見知りするタイプなので、実はこういうの苦手なんだけど、最近なんかいいね。刺激とパワーをもらえるからだろうか。シゲキックス!

hawk
再度hawkに挑戦。しかしさっき以上の人口密度。

hawk
人だかりができている。覗いてみると外人だらけ。有名な人?
結局外タレの二人には会えなかったが、飲みが楽しかったのでよし。というか俺的には飲みがメインだった。
ここでmolitaに別れを告げトモミさんとその友人松子さんと飲み、熱く語る!プー太郎が語る!

hawk
で、家に帰ったら激しく洗濯!(コインランドリー)

molita、また誘っておくれ。サンキュー。
posted by nostar | Event | comments(4)
タイ・フェスティバル 2005
5/14,代々木公園で催されているタイ・フェスティバルに行ってきた。見知らぬバンド(タイのバンド?)が演奏してて、なぜか異常に盛り上がっておる。。。
他の人々と合流して総勢8人。

Thai Festival
初タイフェス。伊達がつかまらん。

Thai Festival
いらしゃーい。

Thai Festival
うげー、すげー人波。人多すぎだよー。

Thai Festival
ならんで食い物にありつく。この豚肉BBQの汁が気づくとジャージにべっとり。獣臭くなった俺。

Thai Festival
自分撮りする伊達を撮る。

Thai Festival
タイの雰囲気まんまんですよ。

Thai Festival
行方不明者。男性29才。

Thai Festival
とにかくこの日は5月中旬とは思えない寒さ。へこむ。結局ここでは酒飲まなかったなー。

Thai Festival
光 by ツツイサワー

Thai Festival
佇むカネダサワー

Thai Festival
ナイトモードはぶれるなー。
タイ飯うまかった。
posted by nostar | Event | comments(0)
Crave LIVE at Chelsea Hotel
5/13日、ツツイサワーに連れられCraveというバンドのライブを見にチェルシーホテルへ。

crave
crave
crave
ターンテーブルあるじゃん。ここでイベントしたいなー。でも高そう。

crave
なんて名前か忘れたけど、ミクスチャー系のバンドです。リンプとかその辺の音。

crave
この写真でノリがわかると思う。CDでは聞かないタイプの音もライブだと気持ちいいですなー。

crave
ぐぉーっと叫んでおります。お約束。

crave
Crave。今回5組バンドが出たんだけど、ドラマーが全部同じ人という。。。よく体力つづくなー。しかし皆馬鹿テクの持ち主。

crave
めちゃめちゃギターうまい。一昔前のギターヒーロー的な雰囲気。

crave
しかし、この人の存在感がボーカル&ギターを食ってる。どうしても目がいく。

crave
やっぱライブはいいっす。
Little Barrieのライブが見たくなって調べてみたら6/6のチケット、売り切れてた。。。追加公演しないかな。
posted by nostar | Event | comments(0)
NIKEのイベント
NIKEのイベント

jugemが落ちている間の先週の金曜日の夜、同僚の森田グルーヴ、殿、5884とともにNikeのヒストリー的なイベントのレセプションに行ってきた。場所は代官山のSPEAKfour。はじめて行ったが、こんなきれいなところとは。
そのイベント会場ではNIKEのアスリートシューズの歴史がクールに展示されていて、サイトとともにイメージコントロールの完璧さに心打たれる。まあ、NIKEの靴一足も持っていないんですけど。

その後、会社に戻るという森&殿と別れを告げ、渋谷へ。5884は8月に会社を辞めるので、その前にとりあえず濃いめな男飲みをしなくてはと(気まぐれに)思い、datedate & ムトゥ + mu で,朝霧JAMに思いを馳せつつ朝まで熱く呑む。朝方、datedate宅でまっちゃんの「働くおっさん人形」を主に福田さんを中心に攻め解散。
posted by nostar | Event | comments(0)
Lounge-0 オープニングレセプション
昨日、表参道のLounge-0という結構なデカ箱のオープニングレセプションに同僚ムトゥと行って来た。
サイトを見る限り落ち着いた大人な感じ。

で、実際行ってみると、人数制限かかってるのか、2〜3分待たされた。で通されてそのまま地下のメインラウンジ(といかフロア)に行くと、勿論普通のクラブ同様4つ打ちがズッチャカズッチャカ鳴っていて、昔懐かしお立ち台(?)みたいなところで風神雷神のごとくドラーグクイーンが踊ってました(半裸)。レーザーが痛い。

表参道という土地柄か、業界人風な人多数。どっから集まって来たのか女の子はみんなレベル高めに見える。モデル連中だろうか。翻って男はだいたい友達になりたくないタイプの連中で、以外とスーツの人間が多い。代理店系?

「ああ、もうしんどい」と、最後にフロア覗きにいったら、例のお立ち台にオーディエンスのお姉さんが乗ってて、「私を見て!」な乱舞。さらに2人3人とお立ち台オンナが追加され、ここ、表参道ですか?な状態に。田舎育ちの俺としてはそういうの、10年以上前にテレビ(トゥナイトかイレブンPM)か雑誌(プレイボーイかフライデー)でしか見た事無かったので、ある種カルチャーショック。いたたまれなくなり外へでようとラウンジへ抜けたら、そこにも(ラウンジの椅子の上で)エロダンスするオンナが。うっかりAオンナEオンナ思い出しちまったじゃねーか。

いやー凄いところだった。
posted by nostar | Event | comments(0)
tumbling and tweeting

tumblr
日々の気になったことモノコトスクラップ

twitter
ひとこと

Recommend
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術-
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術- (JUGEMレビュー »)
アジャズ・アーメッド,ステファン・オランダー,レイ・イナモト(日本版特別寄稿)
Bookmarks
Entries
Categories
Archives
Comments
Others